恋華大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

恋華大衆 TOP デート

デート

「デート」について知りたいことがあれば、恋華大衆をお読みください。現在、恋華大衆では「デート」についてのさまざまな記事を、21件配信しております。これからも「デート」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

デートのニュースまとめ


妻がいる人気ロックミュージシャンと、売れっ子女性タレントの許されざる恋に端を発した、一連の“ゲス不倫”騒動。芸能人や国会議員の不貞が取り沙汰されたが、もちろん一般の人妻たちも亭主の目を盗んで、不倫を…

 浮気をした経験がありますか? との問いには、21人の人妻が「ある」と答えた。塾講師のアユミさん(35)は、結婚5年で2度浮気をしたという。 「1人は同僚で、もう1人は教材の営業マン。どちらも不倫と…

タグ

 セックスした男性の経験人数を聞いたところ、半分以上の奥さんが5人未満とのこと。また、浮気の理由は〈夫や家庭への不満〉〈その場の雰囲気〉〈好きになった〉〈告白された〉など、さまざまだが、パート妻のユ…

タグ

グラビア

2018年06月11日 18時00分 公開

人妻誘惑デート…その唇と美脚はデンジャラス!

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

タグ

井上真央似のキュートな女性なのだが、1回のセックスではとても物足りないという。 そこで週末は出会い系サイトで男漁りしているのだが、「出張で東京に来ていることにして、ターミナル駅のシティホテルを予約す…

 今回、夫婦のセックス頻度を調査したところ、「月に1回」が最も多かった。そして、セックスレスでなくとも、浮気したいと思っている人妻も少なくないようだ。さらに、《実際に浮気や不倫をした経験》を聞いてみ…

タグ

グラビア

2018年06月03日 18時00分 公開

初夏のどっきりデート!彼女がだんだん開放的に…

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

タグ

桃色コラム

2018年05月31日 19時00分 公開

「下着を脱いだ…」口説き文句 教師の場合

 教師や公務員は、マジメで慎重な女性が多い。でも普段、マジメなだけに、破天荒さや冒険を求める気持ちを心の奥底に隠している人も多いのだ。ここをうまく攻めるのがポイントだという。  英語教師の理恵さん(…

タグ

男は30代・40代が一番モテる……。 巷ではそんな話が、まことしやかに語られている。しかし30代・40代ともなると合コンのお誘いもからっきし。よっぽど引きのあるスペックを持つような男性でない限り、異…

 接客・サービス業に従事する女性は、心も体も疲れている人が多い。体を開かせるキーワードは“癒し”と“優しさ”だという。喫茶店ウエートレスの千佳さん(22)は、店からの帰り道に常連のHさん(34)に声…

タグ

 国際線CAの優美さん(30)は、新人整備士のKさん(24)と、たまたま一緒に行った掘りこたつ式の居酒屋で告白されたことがある。「あなたに恋人がいるのは知ってます。でも、諦めきれないんです」  彼は…

タグ

 看護師、美容師、女医など、専門知識が必要な職業に就いている女性は、性に対してオープンで、比較的落としやすいんだとか。「1回目のデートでもSEXはOK」の回答も、ほかの職業と比べて断トツに高い。こう…

タグ

今回お越しいただいたのは菅原直美さん40歳。ご主人と飲食店を営まれている奥様です。お嬢様二人にも恵まれて忙しくも充実した生活を送られてきたそう。

桃色コラム

2018年05月18日 18時00分 公開

「下着を脱いだ…」口説き文句 一般企業OL…事務職の場合

 毎日、同じ職場で、9~17時のルーティンワークをこなす一般企業の事務員。こうした女性を誘うときには、“楽しいところ”“おいしいもの”がキーワードになるという。  宣伝部勤務の奈々さん(28)は、総…

タグ

桃色コラム

2018年05月01日 19時00分 公開

ピチピチ新人女子社員「ブッ飛び性生活」調査報告vol.4

男女6人で乱交セックスも! 《これまでの経験人数》を尋ねたところ、「10人以上」が10%もおり、20人以上が5%もいた。  IT関連企業に入社した里沙さん(22)の会社での評判は、「落ち着いていて、…

タグ

桃色コラム

2018年04月29日 19時00分 公開

ピチピチ新人女子社員「ブッ飛び性生活」調査報告vol.3

見知らぬ男性とデートの約束をして、その日のうちに……。 《最短、何回目のデートでセックスしたことがあるか?》という質問をしたところ、「その日のうちに」が4割もいたのも驚きだった。 「父親が変な人で、…

タグ

日本でも他人の迷惑をかえりみない「乱交パーティー」が問題視されることがある。 思い出されるのは栃木県塩原温泉の「不動の湯」。緑に囲まれた沢沿いのこの混浴露天風呂には、県外ナンバーの車に乗った十数人…

桃色コラム

2018年04月27日 19時00分 公開

ピチピチ新人女子社員「ブッ飛び性生活」調査報告vol.2

ダブルベッドで、いろんなことされちゃいました  中堅商社に入社した亜矢さん(21=仮名=以下同)は、先輩のK男さん(31)に、入社祝いに鉄板焼きを奢ってやると誘われた。「てっきりお好み焼きだと思って…

タグ

桃色コラム

2018年04月26日 01時00分 公開

ピチピチ新人女子社員「ブッ飛び性生活」調査報告vol.1

「初デートでSEX」は当たり前、「経験人数10人以上」も珍しくない  え、ここまで? すごすぎる! 上司の顔も引きつります。これが、フレッシュギャルの性意識と実態だ! 「ビックリしましたよ。歓迎会の…

タグ

 スーパーでレジ係をしている八木奈緒さん(30)は、小柄ながらFカップで巨乳、ハキハキした明るい話しぶりが素敵な奥様だ。 「30代の茶髪男でね、緑のズボンをロールアップして素足に靴を履くチャラ男。ち…

タグ

地上最大の動物であるゾウのセックスは意外と地味です。オスがメスの背中に前足を乗せ、バックから挿入。そのままの姿勢で30秒ほどジッとしていれば交尾完了。腰を振るような動作はありません。

 その一方で、レジ前ナンパでは、お笑い系の男性も強い。「ランチタイムとか、お客さんがいっぱいのときは、順番待ちのシートに名前を書いてもらいますよね。あれを利用されたんですよ」と言うのは、ファミレスで…

タグ

 駅前のフラワーショップで働く丸山潤子さん(38)のお相手も、冴えない中年男性だった。「よれよれのスーツに、疲れ果てた顔のオジサンなんだけど、毎週“黄色い花”を一輪買いに来るんです」  それが3か月…

タグ

両方の足首を持たれてゆっくりと… 「近くの不動産屋に勤務し、お昼に毎日、お弁当を買いに来る男性がいまして……。体重100キロはありそうな巨漢なんですよ」というのは、お弁当のチェーン店に週3のシフト…

タグ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

桃色コラム

2018年01月29日 19時00分 公開

営業レディ「いけないお客様SEX」マル恥報告書vol.3

「ワインを7本買ってくれた」ので…  派遣会社に登録している和美さん(29)は、つい最近、新商品のワインの販売のため、千葉にあるスーパーに出向いた。「店頭で試飲販売していると、30代半ばの男性になつ…

タグ

桃色コラム

2018年01月11日 19時00分 公開

初めての不倫SEX「人妻が落ちた魔法の言葉」vol.2

虚をつく速攻で人妻は幻惑  ご主人と食品店を経営する久美さん(38)は、バイトのS君(25)に「旦那さんにはかないません。でも、僕のほうが愛しています」と告白された。 「涙を浮かべてたわ。若いんだか…

タグ

桃色コラム

2017年06月29日 17時00分 公開 [週刊大衆2017年07月03日号]

主婦のウラの顔!? 人妻たちの「秘密の下半身ビジネス」赤裸々告白

 長引く不景気で奥様たちのサイフ事情も厳しい昨今。でも、小遣い稼ぎの方法はいろいろとあるようで……。  6月1日、韓国から金塊を密輸しようとして、5人の専業主婦が逮捕されたというニュースが流れた。押…

タグ

これまでの定説を覆す! 新解釈知られざる「県民性」  日本は江戸時代まで幕藩体制で、“藩=国”だった。その時代からまだ150年しか経っておらず、その県民性はいまも根強く残る。そして、国が違えば作法も…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号