恋華大衆 TOP 桃色コラム

60代男性100人リアル性意識調査「死ぬまでにしておきたいSEX」vol.4

2013年10月24日 14時00分 公開



秘書と社長
http://h-shacho.com/
社長気分を味わいながら、五感+本物の快楽をご体感されてみませんか?

クリトリスに触るだけで

「昔の恋人」と、もう一度したいという人も多かった(38人)。

「あの頃、自分はまだ男として未熟だったが、いまなら彼女を満足させられる自信がある」(Gさん= 62)

「クリトリスに触るだけで"ヒッ、ヒッ"って細い声を上げて、体を反らせるです。忘れられないなあ。なんで捨てられちゃったのかなあ」(Tさん= 65)

〈芸能人や女優〉を挙げた人は意外に少ない(27人)。

皆さん、もう夢見るお年ではないからだろう。《死ぬまでにやりたい女性》にマリリン・モンローやダイアナ妃を挙げた方もいる。それは、あの世で会って極楽往生させてあげてね。「吉永小百合様」と書いた飲食業のKさん(64)には直接、話を伺った。

「小百合さんは水泳が得意ですが、泳いだあとはさすがに息が切れるでしょう。で、個室でうつぶせになって休むんです。そこへ、私が忍び込みます」

Kさんの妄想は続く。

「小百合さんは当然スクール水着です。ですが、疲れきっているので、私が水着を脱がせても気づきません。私は恐る恐るお尻を開きます。小百合さんは聖なる存在なので、少女の頃、ウンチをしないと言われてきました。でも、やっぱり可愛いものがアソコについていました。私が指で触れると、ヒクッと震えます。きっと、私の指技に興奮しているんでしょうね。私は思い切って小百合さんにおおいかぶさり、しかし重みを感じさせないように腕で自分の体を支えながら、熱いものを彼女の聖なる部分にあてがったんです。すると……」

「あてがった」って、Kさん、過去形で現実のように言っちゃいけませんよ。Kさんの話はさらに続くのだが、ここらでカット。

記者「そもそも、吉永小百合さんは68歳ですよ」

Kさん「年は関係ありません。私の中では永遠です。第一、40代にしか見えないでしょう?」

そう真顔で言う、幸せなKさんだった。

本誌のエッセイ『怒、怒、怒』でおなじみの安部譲二さん(76)が狙っているのは黒木メイサだそうだ。

「タンデム自転車(2人乗り自転車)ってあるだろ?あの前に黒木メイサを乗っけて、彼女のサドルの前のところに、密かにビー玉をテープで貼りつけとくわけよ。ちょうどビー玉がクリに当たって、あっふん、あっふんと気持ちよくなるわけだ。快感で腰をくねらす彼女を後ろから見たら、俺のアソコも、バイアグラなんかなくたってバッチリ立つと思うんだよ(笑)」

安部さんに60代男性へのアドバイスをもらった。

「60代つったら、ヤリ盛りよ。やりたいことをガンガンやったほうがいいぜ」

10月25日公開のvol.5に続く・・・。



秘書と社長
http://h-shacho.com/
社長気分を味わいながら、五感+本物の快楽をご体感されてみませんか?

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号