恋華大衆 TOP 風俗

豊満な体つきの三十路と深夜の街角で恋人気分

2014年06月01日 06時00分 公開 [増刊大衆05月25日号]



雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!


「新潟ブルース」(美川憲一)



懐かしのメロディと柔肌に酔う…裏フーゾクご当地ソングの旅

曲名を聞くと、すぐにメロディが浮かぶ懐かしいご当地ソングの数々。今回は恋人気分が味わえる遊びを求め、そんなヒット曲の舞台となった街を訪ねた。

新潟/洋子さん(35)編
業種:本サロ

とっぷりと陽が沈み、新幹線MAXとき号は新潟駅に着いた。さっそく駅周辺に散在するサロン店に向かう。かつては20軒近くあったサロン店が、いまは10軒程度といったところ。相手をしてくれるのはほとんど熟女だが、彼女らはサービス満点。とにかくヤリたい、出したいというムキには格好のスポットだろう。

しかし、せっかく酒処に来たのだから、好みの女性としっぽり、極上の地酒を酌み交わしたい。

そこでサロン店の客引きに、"ちょいポッチャリ"の女性がいないかと尋ねて回ったら、自称35歳の洋子さんと会うことができた。彼女はアタシの希望どおりの豊満な体つきで、少し寂しげな表情も魅力的だった。

彼女と並んでボックス席に座る。さっそく抱きついてきたのをワザと制止し、軽く口づけすると、作戦どおりに事を進めた。

「お世辞じゃなくて、君、俺のタイプなのよ。お願いだから、洋子さん。店がハネたあと、古町でデートしてよ。もちろんタダでとは言わないから。頼む!」

そして、手をギュッと握り、彼女を熱く見つめた。

勝算はあると踏んでいた。ここにやって来る男たちは、ヤレれば本望の一点であり、浮いたドラマなど起こりっこないからだ。案の定、彼女はこう言った。

「ウフッ。面白い人。でも、私、呑兵衛だわよ。それでもいいって言うなら……」

深夜。約束した時間に店から出て来た洋子さんとタクシーに乗り、繁華街・古町通りへ向かう。

昭和42年(1967年)、美川憲一が歌うご当地ソングの傑作『新潟ブルース』が発売された。しみじみと歌われる歌詞の中に出てくるように、古町通りは新潟を代表する歓楽街である。

店で重ねた会話のせいで、すっかり親密になったアタシらは、まさに寄り添うようにして古町通りを歩いた。

魚介類が美味しいと評判の居酒屋に入ると、腰をくっつけて並んで座り、彼女が大好きな地酒『吉乃川』を冷酒で飲みながら、新鮮な魚介類に舌鼓を打った。日本酒は、女性としっぽり呑むのが一番だ。

すっかり出来上がった2人は、抱き合うように密着して深夜の通りを歩いた。

「朝まで、ずっと抱いてくださいね」
「アア、寝かさないから」

歩きながらアタシらは熱いキスを交わす。もう誰が見ても本物の恋人である。とあるホテルの一室。

「アア~。いい~ッ」

自分から騎乗位になった洋子さんは、上手に腰を動かしつつ、甘い喘ぎ声を上げて絶頂を迎えた。

名店ピックアップ-風俗名店百選



雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号