恋華大衆 TOP 桃色コラム

結婚詐欺師に落ちたダメ男が フラダンス美女を夜通し凌辱 vol.3

2012年09月12日 10時00分 公開





フラダンスの衣装を奪って逃走

翌晩、真央さんの玄関チャイムが鳴った。
「お届け物でーす」
ドアの隙間から外を覗くと、帽子を目深に被ってダンボール箱を抱えた男が立っていた。
チェーンを外して迎え入れると、男は、いきなりダンボール箱から鋭利なナイフを取り出した。
宅配業者を装った里山だったのだ。
「オレに逆らったら、刺し殺す!お前のフラダンスの衣装を見せろ」
突然のことに恐怖を感じた真央さん、は男のいうとおりに衣装ケースを開けた。
色鮮やかなハワイアンドレスやアクセサリー類、天然ヤシの殻で作ったココナッツブラなどがあった。
「これとこれを……いますぐ着てくるんだ」
里山は自分で選んだものを彼女に渡していく。
浴室で着替えた彼女が現われた。
乳房を包むココナッツブラと短めの腰蓑が細身の体によく映えている。
「こっちに来い!」
真央さんをベッドに押し倒すと、里山は仰向けの彼女の上に馬乗りになった。
ココナッツブラの紐をナイフで切り裂くと、豊かな乳房が現われた。
男は乳房を舐めまくり、さらに乳首を強く咬んだ。
痛みを必死に堪える真央さんの顔が歪んだ。
その様子を男は、あざ笑うように眺めて楽しんでいた。
その後、スカートの紐を切り裂いた里山は彼女のパンティを奪い去り、M字に開脚させた。
指で女性器を左右に押し広げると、乱暴に舐め回していく。
被害者を散々弄んだ男は、イチモツを彼女の眼前に突き出し、フェラチオを要求。
真央さんの口戯を楽しんだ男は、続いて挿入に移った。
きつめの女性器にペニスを突き立てた里山は、激しいピストン運動を開始。
本能に任せて腰を振り続け、そのまま膣内に射精した。
いったん行為が終わっても、男は居座り続けた。
そしてその後も、深夜まで合計3回レイプを遂げてやっと満足すると、フラダンス衣装を奪って逃走した。

後日、彼は結婚詐欺事件の捜査で家宅捜索を受けることになった。
その際に、真央さんのフラダンス衣装が発見された。それによってレイプ犯行も発覚。
のち法廷へ。
詐欺男への厳刑は、まず間違いない。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)





「低収入の自分には、結婚して家庭を持つチャンスもなく、"行きずりの女性"とのセックスだけを楽しみに生きてきました」 法廷で、そう述べた男は、電車内で出会った女性に「援助交際」を持ちかけた。 だが、…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号