恋華大衆 TOP 桃色コラム

結婚願望と母への恨みが暴走 美人OLを監禁して強姦した男 vol.2

2013年01月29日 10時00分 公開



風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

ベルトで絞め殺す予定だった

あとで知ったことだが、彼女は、婚活パーティーに顔を出しては未婚男を漁りまくっている、有名な淫乱女性だったのだ。
"あの女、とんだあばずれじゃないか!"
やっと結婚相手が見つかったと思ったら、自分が遊ばれただけだと知り、怒りが湧くと同時に、空しさが込み上げてきた。
"オレがこんな惨めな思いをするのも、全部オフクロのせいだ……。あいつさえいなけりゃ、オレはとっくに結婚できたはずだ"

結婚に焦る気持ちが、男の中でいつしか母親への憎しみに変化していった。
そして、その憎悪が次第に殺意に変わっていく……。

ある日の夕方、男はいつものように母親と2人で食卓を囲んでいた。
母親が席を立った際に、彼は意を決して、母の湯呑み茶碗に睡眠導入剤を振りかけた。
戻ってきた母親は、気づかずにそれを飲み干すと、すぐに強烈な睡魔に襲われた。
「かあちゃん、疲れてるだろう?もう寝なよ」
母親は布団に横たわったかと思うと、すぐに鼾をかいて寝はじめた。
"よし、やってやる!"
荒川は、革ベルトを外して手にとり、母親に接近した。
ベルトで絞め殺す予定だった。
"すまない……天国に先に行ってくれ"

だが、母親の寝顔を見ているうちに、母との思い出が蘇ってきて、なかなか実行に移せない。
そして、激しい葛藤の末に結局、殺害を断念してしまったのだった。

しかし、その後も何度となく葛藤は続いた。
"やっぱりオフクロが死ななきゃ、結婚するチャンスなんか、オレにはない"
悶々とした日々が続き、屈折した感情は、次第にねじ曲がっていく。
"こんなに辛い思いをするんなら、結婚はもういい。だけど、いっぺんくらい好みの女とのセックスはしてみたい。そうだ、そうすりゃ、このモヤモヤした気持ちも消えるはずだ!"

身勝手極まりない邪念に取り憑かれた男は、ついにその妄想を実行に移すことに決めた。
ある晩、男は職場で預かった軽ワゴンのナンバープレートをつけ替えると、隣町の人気のないコインパーキングに駐車した。
駐車場の暗がりに身を隠し、道行く若い女性を物色していると、やがて仕事帰りのOLが通りかかった。

01月30日公開のvol.3へ続く・・・



風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

先日、某雑誌にて「女医のうち16人に1人が患者とセックスしている」とのアンケート結果が話題となった。女医が患者と関係を持つことはあるのだろうか? 女医を抱いたことがあるという男性A氏(23歳)は次…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号