恋華大衆 TOP 桃色コラム

女性の"本性"を身勝手に解釈 凶悪凌辱を繰り返した鬼畜男 vol.2

2013年02月19日 10時00分 公開



池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

みんなここでは別人格なのよ

教えられたマンションの部屋に入ると、中には10人前後の男女がいた。年齢層はバラバラで、二十歳そこそこの女性もいれば、白髪混じりの老人もいる。
みんな思い思いの相手と飲食をしながら雑談をし、気が合えば別室に行って、セックスを楽しむという仕組みだった。
別室に入ると、部屋にはいくつか布団が敷かれており、複数のカップルがセックスを楽しんでいた。
バックの体位で激しく腰を振っている男もいれば、いつまでたっても挿入しないで、ひたすら女性を焦らし続けている男もいる。
女性のほうも過激で、若い細面の男を亀甲縛りにして、SMプレイに興じているボンデージ姿の熟女もいた。
目の前で繰り広げられるフリーセックスの極みともいうべき光景。玉城の胸はドキドキと高鳴り、気づくと下半身はすっかり勃起していた。
"みんな、凄すぎる……"
フーゾクでしか性経験のなかった男は怖じ気づき、仲間に加わる勇気はなく、ただ眺めるだけだった。
小1時間もすると、プレイを終えたカップルたちが次々と別室から戻ってきていた。
そしてまた、お酒を飲みながら談笑し、次の相手を探し始める。気づけば、一組また一組と別室へと消えていった。
男は、思い切って、40代くらいの顔立ちのはっきりした女性に声をかけた。
「あの、初めて参加したんですが、なんというか凄いですね……」
彼女はさばさばとした口調でこう返してきた。
「そうね。みんなここでは別人格だからね。私の場合、育ったのが厳しい家庭で、その反動から、セックスを思う存分、楽しむようになったの」
傍にいた別の女性も同調して、こういった。
「こんなに解放的な場所ってないものね。女の性欲って、実は、男とは比べものにならないほど強いの。でも、みんな日常生活では、その本性を隠してるだけなのよ」
女性たちの話を聞いていると、玉城は目からウロコが落ちる思いだった。
"どんな女も、内心ではセックスしたくてたまらないなんて!"
コンプレックスの塊だった彼は、女性とつき合うことはおろか、ほとんど話したこともなかった。そのため、女性観は一気に歪んだ方向へと変化した。
"俺は素人の女とのセックスを、ずっとずっと我慢し続けてきた。だが、これからは、ヤリたい女を狙って、1発ブチ込んでやればいいわけだ"
以来、男は深夜になるとバイクで徘徊して、獲物を探し求めるようになった。
最初に狙ったのは、ワンルームマンション1階の部屋だった。
その日、部屋に住んでいたフリーターの野沢彩花さん(24)は、ベランダの窓を少し開けたまま、うたた寝をしていた。
男は、ベランダに吊るされていた洗濯ロープを外し、さらに干してあったバスタオルも手に取ると室内に侵入した。
ベッドに寝ている彼女に飛びかかると、バスタオルで視界を奪い、ロープで上からグルグル巻きにして脅した。

02月20日公開のvol.3へ続く・・・



池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

美人の湯として知られる形原温泉(蒲郡市)は、あじさいの里としても有名。 6月には、5万本が咲き誇るあじさい祭が開かれる。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号