恋華大衆 TOP 風俗

小生意気な20歳の新宿ギャルは意外にもウブ娘

2013年07月12日 06時00分 公開



鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

新宿/ポン引き/まゆさん(20)

新宿駅に着くと、新宿西口・思い出横丁に直行した。狭い路地に立ち食いそば店や居酒屋が軒を並べ、庶民的な雰囲気が漂っている。寛いで飲むには最高の環境だ。とある居酒屋に入った。
「東京の地酒があるんですよ。いかがですか?」
と、お兄さんに勧められたのが『多滿自慢』。東京西部の福生市の地酒だ。名前のとおり、多摩地域の自慢の銘酒だとか。
「冷やも旨いですよ」
彼のいうとおり、冷やで飲むと、飲み口のいいマイルドな甘味が口中に広がった。
ほろ酔い気分で歌舞伎町のネオン街に入って行くと、すぐさま黒服の客引きが寄ってきた。
「キャバクラ、どうっすか」
彼らは一度、立ち止まると、しつこくつきまとってくるからタチが悪い。無視してやり過ごし、西武新宿駅からほど近いあたりまでやって来た。
大久保病院の近くに、以前から"立ちんぼスポット"があるのだ。
立ちんぼ嬢を探していると、十字路で立っていたポン引きが、
「女性を探してます?」
と、小指を立てて声をかけてきた。頷くと、
「立ちんぼは(性病が)危ないですよ~。うちの子たちは、その点、安心ですから」
といい、近くのコインパーキングに案内された。そこにはなんと、5人ものギャルが退屈そうに地べたに座っていた。
「好きな子を選んでくださいよ」
という。料金は60分で大1小5。妥当なところか。
5人の中から、ミニスカート姿のまゆちゃんを選んだ。少し太目の白いアンヨがセクシーだった。自称、20歳だという。
近くのラブホテルに2人でチェックイン。部屋に入って、ベッドに寝かせ、服を脱がせていったら、
「オジサン、パンツ、売ってあげてもいいよ」
と、上から目線の生意気な口調でいう。聞けば、値段は1万円。買う奴がいるんだ。それを尋ねると、
「うちら人気あるからさ、買ってくれた人、これまで何人もいるよ」
という。他の街ではあり得ない新宿らしい現象だ。
やや生意気な口調が気にはなるが、体全体から放たれる青春のオーラに惹かれて、まゆちゃんを押し倒した。
Cカップだという立派な乳房を愛撫していると、ピンク色の乳首はすぐにコリコリになり、恥ずかしげな小さな声で喘ぎ始めた。
その声と表情には、さっきまでの生意気な様子は少しも残っていない。20歳らしい初々しささえ感じられた。たまらず正常位になり、ムチムチの太腿を開いて、ズブリ。と、
「あんっ、あんっ、イッちゃう、イッちゃう~」
とたんに、AV女優のように激しく喘ぎ始め、最後は一緒に昇天した。



鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号