恋華大衆 TOP 桃色コラム

自殺願望の女が男性を絞殺

2013年09月18日 10時00分 公開



池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

出会い系事件簿♯13

被害者:吉田健一郎(38)派遣社員
犯行手口:自殺願望の女がホテルの一室で男性をだまして殺害し、自分も死のうとしたが「怖くなって」逃走した。
犯人:中村裕子(35)フリーター

 無口な女だった。決して不細工というわけではなく、むしろどちらかというとルックスはよいほうだった。だが、口数の少なさと雰囲気の暗さが、中村裕子(35)を彩りのない女に見せていた。
 いつしか裕子は、出会い系サイトを頻繁に使うようになっていた。適当な相手を見つけては、一時の快楽におぼれる。そんな日々を繰り返しているうち、裕子は生きていることがつくづく嫌になった。
「やっぱり、死のう」
 だが、ひとりで死ぬのは寂しかった。そして、惨めな思いはしたくなかった。そこで、誰かと一緒に死ぬことにした。
 気がつくと、裕子は駅前に立っていた。つい今しがた、出会い系サイトでアポを取ったばかりだった。しばらくすると、1人の男性が近づいてきた。
「裕子さんですか」
 40歳くらいの、大柄な男性だった。
「それじゃ、ホテル行きましょ」
 裕子のほうから誘った。
 ホテルでは、男性は生身の分身を裕子の体内に何度も突き刺していた。
「ああ、いい。裕子さん、すごくいいよ」
 男性が汗だくで腰を動かすたび、男性自身が裕子の身体に潜りこむたび、裕子の粘膜は何度も絡みついた。
「裕子さん、いきそう。中でいい? 中で出していい?」
 男性がそう言うと、裕子も息を弾ませて答えた。
「いいよ。中に来て。中にたくさん出して」
 男性は何度か深く腰を突き出すと、裕子の体内に白濁した液をたっぷりと放出した。
 ベッドでくつろいでいる男性に、裕子が言った。
「マッサージしてあげる。うつぶせになって。手は両脇に、『気をつけ』みたいにして」
 男性は、疑いもなく裕子の言う通りにした。すると、裕子は男性の頭にタオルを巻きつけて目隠しをした。
「このほうが、感じるから」
 そして裕子は男性の背中にまたがった。その手には、あらかじめ用意したロープがあった。裕子は男性の首の下にロープを通して巻きつけると、無言で力いっぱい締めあげた。
「うっ、ぐぐぐ」
 男性はもがいたが、どうすることもできなかった。やがて男性の身体から力が抜け、ぐったりとした。それでもしばらく、裕子は彼の首を絞め続けた。  男性の遺体の横で、裕子は放心状態になっていた。そして、自分も死のうとした。カミソリで自らの手首を切って。しかし、刃を手に当てようとした時、いきなり怖くなった。そして、いそいで着替えると、そのままホテルから逃げ出した。
 裕子が警察に逮捕されたのは、それから1週間後だった。遺体が発見されて事件が発覚し、防犯カメラの映像などから裕子が犯人として特定されたのだ。
 警察の取り調べに、裕子は「男性を道連れに死のうと思ったが、怖くなって逃げた」と話した。逮捕時、また出会い系サイトでアポを取って男性と会う予定だった。その時、裕子が持っていたバッグの中には、またロープとカミソリが入っていた。

 この10年以上、年間の自殺者は約3万人。多くは経済的理由、生活苦からの自殺だが、「生きる気力を失って」自殺するケースも多いという。生きる気力がない、生きがいもやりがいもない、そんな人が増えているらしい。生きがいを見出せないのは、確かに不幸なことである。だが、他人を道連れにしてよい理由など、何ひとつない。自分の命を軽く考えるようになると、他人の命まで同じように考えてしまうのか。そうだとしたら、恐ろしいことだ。

※登場人物はすべて仮名です。
※実際の事件をもとに構成しています。



池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

"彼女とのセックス代を1回で1万円とすると、50回分のセックス代を先払いする計算だ。 週3回のセックスだとすると、4カ月ほどで元が取れる……"しばらく考え込んだあと、男は決心した。「よしわかった。僕…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号