恋華大衆 TOP 桃色コラム

働く奥サマたち6人の不倫体験をそのまま官能小説にしちゃいましたvol.2

2017年09月04日 19時00分 公開



モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

「薬品会社の営業マンの愛撫に、挿入前に急上昇しました」

 ウカウカしていると、うちの病院に出入りしている魅力的な男は、あっという間に同僚ナースたちにペロリと食べられてしまいます。あるときなんて、目をつけた色男を口説いてモノにしたときは、私以外の全員が味見をした後だったことまでありました。それ以来、男に関しては、私はもう二度と遠慮や、ためらいはすまい、と固く心に誓ったのです。

 そんな私の前に登場したのが、ある中堅製薬会社の新しい営業担当の井藤クン。イケメンの彼が初めて病院に来たとき、ナースステーションは騒然とし、業務が一時停止状態になってしまったほどです。「ホラホラ、みんな静かにしなさい。仕事に戻って」

 清潔な顔立ち、鍛え上げた分厚い胸、タフそうな腰……。私は、彼から名刺を受け取ったとき、不覚にも下ばきの内側に、卑猥なシミがあられもなく刻印されていくのを避けられなかったのです。

 さっそく私は、婦長の特権を行使して、その日のうちに井藤クンと夕食の約束を取りつけました。もちろん、夕食だけで済むわけはなく、予約しておいたシティホテルにチェックイン。

「井藤クンって女泣かせね」「ははは。でも、オレ、年上の女性が好きっす」「ふふ、私が不感症でも?」「全然そうは見えないっす」

 私に続いてシャワーを浴びて出てきた井藤クン。そう言って腰に巻いたタオルをパラリと脱ぎ捨て、股間のカメ首をもたげてみせました。期待に満ちた私の熱い視線を浴び、それはみるみる仰角と硬度と体積を増幅させていきます。

「営業のプロとして、まずは婦長さんにマン足していただくのも大事な仕事っす」

 こう言って上がけをどけると、井藤クンは全裸の私をまず視線でねぶり、すでにツンツンと尖った乳首を、驚くばかりに繊細で達者な指遣いと舌さばきでいじってきました。

「ああ、あっはは、感じる感じる……。井藤クン、ステキよ、本気で夢中になりそう」彼はまさに期待以上の、恐るべきスーパーテクの持ち主だったのです。

「まだまだこんなもんじゃないっすよ。お楽しみはこれからっす、婦長さん。むう」強弱のアクセントを使い分けて、女の最も感じる敏感な部分を愛撫されるうち、挿入前にもかかわらず、私は続けざまに急上昇していました。



モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

羽を広げてメスを誘惑したり、時には噛みつきながら交尾したり……。一見、ヘンテコに見える動物たちの生殖行為。しかし……。 「動物は人間ほど複雑にできていない分、求愛や生殖に関して本能的です。なので、動…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号