恋華大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

恋華大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」新入社員は元AV女優だった…上司がバラすと脅して連続姦

2018年04月03日 17時00分 公開 [週刊大衆2018年04月09日号]



秘書と社長
http://h-shacho.com/
社長気分を味わいながら、五感+本物の快楽をご体感されてみませんか?

事件調書
被害者 22歳のOL
犯行現場 郊外のビジネスホテル
犯行手口 話を聞くと誘い出し、ホテルまで送らせ襲撃
レイプ犯 被害者が勤める会社の課長

 検察官は法廷に立たされた中年男を睨みつけ、犯行状況を述べた。《被告人は、被害女性がアダルトビデオに出演した過去があることを知り、脅迫に及んだ》

 しかも、被害女性は同じ職場の部下だった。彼女を呼びつけた男は、彼女にアルコール度数の高い酒を飲ませると、ビジネスホテルに連れ込んで陵辱したのだった。

 河本一樹(45)は人材派遣会社の事業部門で課長をしており、独身を貫いてきた。それには河本なりの理屈があった。“結婚なんて、男を家庭に縛りつけるだけのクソみたいなルールだ”“ガキを産んだ女は、もう女じゃない。男から金を巻き上げる吸血鬼みたいな存在なんだ”

 河本の子ども時代、両親はケンカばかりしていた。やがて両親は離婚。母親と2人で暮らすようになった河本だが、母親は父親からの慰謝料や養育費で遊び回るようになり、彼はまともな家庭料理を食べたことがなかった。

 母親が置いていくわずかな金でカップ麺やジャンクフードを買い、1人で食べる日々を過ごしていた河本はいつしか、“女なんて、男にセックスさせる以外に何の価値もない生き物だ”という歪んだ女性観を抱くようになる。

 そのため、成長しても恋愛経験はまるでなく、ひたすら風俗店に通ってセックスばかりしていた。職場では特に女性にいい顔をするでもなく「堅物」と言われながら、自宅ではアダルトビデオを見て過ごした。AVのコレクションは、いつしか数千作品に達していた。

 ある日、河本のもとに新卒の野中麻友子さん(22)が部下として配属されてきた。チャーミングな麻友子さんは、たちまち職場に溶け込み、取引先の評判も上々。だが、内心、河本はこう思っていた。“あの女、どこかで見たことがある……”

 そのときは思い出せなかったが、飲み会の2次会で、その謎が一気に解けることになる。“一発芸”披露の順番が麻友子さんに回ってくると、彼女は「昔バイトしてたメイド喫茶のモノマネやります!」と言い、料理や飲み物に“おまじない”をかけたのだ。「美味しくなぁれ。萌え萌え……キュンッ!」

 そこで、河本の記憶がよみがえった。部屋に帰ると、彼はすぐに押し入れにしまってあるAVのコレクションを漁り始めた。

次ページ >> 3Pビデオには部下の姿が……



秘書と社長
http://h-shacho.com/
社長気分を味わいながら、五感+本物の快楽をご体感されてみませんか?

初体験のときは、お互いにエッチの知識が全然なかったので、ベッドの中でずっとモチャモチャしてなかなか進まなかったんです。なんとか挿れることはできたんですけど、あまり気持ちよくなくて……。そんな経験しか…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号