恋華大衆 TOP 桃色コラム

一夜の関係に味をしめ、街を徘徊

2017年09月11日 17時00分 公開 [週刊大衆2017年09月11日号]



シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

 一度触れてしまうと忘れていた興奮がよみがえり、黒河は彼女の胸を揉みしだいた。背中を愛撫し、腰に手を回す。彼女は、微かにアエギ声を上げ始めた。思わず、彼女の下着の中に手を潜り込ませた。ややヌルッとした感触があり、さらに、指を動かすと、潤いきった彼女の秘所の音が聞こえる。

 黒河のペニスは、いつしか青春の頃のように硬く勃起していた。もはや我慢できずに下着を脱がせると、そこに亀頭をあてがった。たちまち奥まで吸い込まれていった黒河は、夢中で腰を前後に動かした。絶頂を迎える寸前に引き抜いた次の瞬間、彼女の腹部に勢いよく白濁液が飛び散った。

 その後、黒河は疲れと充足感で深々と眠りこけた。目を覚ますと彼女の姿はなく、置き手紙があった。《泊めてくれてありがとうございました。楽しかったです。バイバイ》 メモには連絡先も書いておらず、一夜限りの出来事であることは明らかだった。それ以来、黒河は夜勤明けが楽しみになった。

 ある週末、終電時刻を過ぎた頃に弁当工場を出ると、駅周辺を歩き回った。“女との出会いのチャンスが欲しい”電車に乗り遅れた様子の若い女性を見かけると、黒河は声をかけた。だが、返ってくるのは罵声や敵意に満ちた言葉だった。「このクソじじい、近づくんじゃねえ」「警察呼ぶからね」「エロおやじ!」

 黒河はたび重なる罵声を浴びて、心が折れそうになった。そのせいか、徐々に、ゆがんだ考えが彼の頭を占め始めていく。“せっかく女が眠り込んでいるんだ。わざわざ起こすことはない”さらに黒河は、自分にこんな言い訳まで用意した。“オレは、暴力を振るうわけじゃない……”この瞬間、黒河は邪悪なケダモノに変わっていた。

 黒河が狙いを定めたのは、足元がおぼつかず、かなり酔った様子で駅から降りてきた百貨店店員の風間彩音さん(23)だった。黒河は彩音さんを尾行した。すると、彼女は近くのマンションの非常階段の脇に座り、眠りこけてしまう。「……大丈夫ですか」

 黒河は彼女を介抱するふりをして近づき、服の上から乳房を揉んだ。さらに、ブラジャーのホックを外して乳房を直接揉み、乳首をつまんで弄び始めた。そこまでしても、彩音さんは起きる様子がない。

次ページ >> 泥酔した女性を非常階段で…



シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号