恋華大衆 TOP 桃色コラム

石田えり、宮沢りえ、井上晴美…「ヘアヌード美女」たちの現在

2017年09月01日 17時00分 公開 [週刊大衆2017年09月04日号]





 美しい裸体と秘部を飾る黒い茂みで、世の男性の心と股間に衝撃を与えた芸能人たち。披露後の人生をリサーチ!

 “秘すれば花”の言葉の通り、めったに見られないだけに男の心を惹きつけるヘアヌード。まして、芸能美女の恥毛となれば、その価値は計り知れない。「8月7日発売の『週刊現代』では、1993年に発売された石田えり(56)のヘアヌード写真集『罪』を復活掲載。24年前の写真ながらも色あせるどころか、生々しいエロチシズムがあり、読者からの反響も良かったようです」(夕刊紙記者)

 このヘアヌード写真集が出版された当時、石田は30代。お椀型の豊満な乳房に、ビッシリと生えた黒い密林が印象的だった。そんな彼女は、今も常に話題を振りまいている。「5月にはライザップの新CMに登場。3か月でウエストを15センチも絞り、50代とは思えない抜群のスタイルを、ビキニ水着姿で披露しました」(前同)

 TV美女研究家の八木晶王氏も、こう語る。「基本的にヘアヌードを見せた芸能美女は、良い意味で、しぶとい(笑)。その後も、何かと面白い人生を送っているんですよね」

 そこで今回、本誌は“ヘアヌード美女”たちのその後を徹底追跡。伝説の陰毛を振り返りつつ、彼女たちの“現在”を探ってみた。

 まず、世に「ヘアヌード」を広めた功労者といえば、ご存じ、宮沢りえ(44)。18歳のときにヘアヌード写真集『サンタフェ』(91年)を全国紙の一面広告とともに緊急発売。売り上げは驚異の155万部で大ベストセラーとなった。今も記憶に残る、草原で全裸になった宮沢のみずみずしい美ボディ。そして、乙女の部分を覆う、若草が萌えるような淡い恥毛。当時の青少年はもちろん、オジサンたちも“りえヘア”の虜になったものだ。

「宮沢はその後、貴花田との婚約解消騒動もあって、“お騒がせ女優”ともいわれたが、日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞や、ブルーリボン賞の主演女優賞など栄えある賞を受賞。最近はバラエティ番組でタモリと共演するなど、幅広いジャンルで活躍しています」(広告代理店関係者)

 女優として大成したケースでは、菅野美穂(39)も忘れてはいけない。97年に発売された写真集『NUDITY』は、発売当初から何かと話題になった。「当時、菅野は20歳。写真集の記者会見で突然、泣き出したので“騙されたのでは?”と物議を醸しました」(芸能ライター)

 ヘアヌード写真も宮沢りえのような明るい感じではなく、淫靡で生々しかった。「ホテルでのハメ撮りふうで、菅野もどこか切なげな表情。ベッドで細い肢体を横たわらせたカットでは、割れ目を覆うように生えた縦長で、毛糸を丸めてフワッと乗せたような縮れ毛が、実にエロかった」(前同)

 そんな煽情的な陰毛を持つ菅野はその後、アゲマン女優と呼ばれる。「菅野は13年に俳優の堺雅人と結婚。すると、堺はドラマ『半沢直樹』(TBS系)やNHK大河『真田丸』で一躍、人気俳優の仲間入り。それも菅野の内助の功があったからといわれています」(民放局ディレクター)

 巨乳ブームの世で名を上げた井上晴美(42)は、99年発売の写真集『LIVE』で、話題をさらった。「写真集では、坊主頭に変身。少年のような雰囲気ながら、おっぱいはボヨヨン。そして、股間には“味つけ海苔”のような長方形の陰毛。男か女か分からない中性的なエロスに満ちていた」(夕刊紙デスク)

 私生活では、05年に留学先のカナダで知り合ったメキシコ人男性と結婚、11年には第三子を出産したが、不運にも見舞われた。「彼女は今、故郷の熊本に住んでいるんですが、昨年の熊本大地震で自宅が全壊……。自身のブログで“食料がない”など、現地の様子を伝える書き込みをしたことでも一時期、話題になりましたね」(前同)

 元祖・セクシー女優の杉本彩(49)は、93年の『ENFIN』を皮切りに多数のヘアヌード写真集を発売。「その後も官能小説を書いたり、団鬼六の代表作『花と蛇』の映画主演に抜擢されたり、エロスの伝道師という呼び名を裏切らない仕事ぶりでしたね」(スポーツ紙記者)

 世の男性をメロメロにしてきた杉本だが、現在は公益財団法人動物環境・福祉協会Evaの理事長に就任。動物愛護の活動に勤しんでいるという。エロくて優しい永遠の女神である。

 男の夢を叶えたといえば、高岡早紀(44)もその一人。94年に映画『忠臣蔵外伝・四谷怪談』でヌードを披露、その翌年にはヘアヌード写真集『one.two.three.』を発売した。「推定Gカップの極上巨乳もさることながら、陰毛はまるでジャングル。ボーボーで、黒々としたオケケは火焔のようにけばだっていて、迫力満点でした」(前同)

 写真集を出した翌年に、保坂尚希と結婚。しかし、布袋寅泰との不倫も報じられるなど男の噂は後を絶たず、04年に離婚。昨年は若手俳優の松坂桃李と熱愛疑惑も浮上したほどだ。あの野性的なオケケに何人が、顔を埋めたのだろうか。

 ヘアヌード美女には、男問題も何かと多い。喜多嶋舞(45)は01年に写真集『mye』で、とろけそうな柔乳と、中央がこんもりと茂った黒々としたデルタを大胆に披露したが、「喜多嶋は元・光GENJIの大沢樹生と結婚。ところが13年に、大沢が喜多嶋との間にできた息子をDNA鑑定する事態になるなど、何かとワイドショーを騒がせました」(芸能記者)

 熟女になってから、ヘアヌードを出す芸能美女も少なくない。03年には当時49歳だった秋吉久美子(62)が写真集『Kumiko Akiyoshi』で、アラフィフの花園を公開。銀杏の葉のような形をした美しい陰毛を露わにした。最近はドラマや映画出演は多くはないが、「ブログはマメに更新していて、愛犬と戯れたり、近所を散歩したりしているようです。その美貌は昔と変わっていません」(前同)

 往年の大女優・松坂慶子(65)は、50歳のときに発売した写真集『さくら伝説』で熟毛を披露している。「縄で体を縛られた緊縛写真や、金粉ヌードもあり、すごいのひと言。ヘアは扇形で、驚くほどフサフサ。品のある陰毛でしたね」(ベテランカメラマン)

 常にチャレンジ精神を忘れない松坂は、13年公開の映画『牙狼-GARO-蒼哭ノ魔竜』で、還暦ながらもワイヤーアクションをこなすなど、年齢を感じさせない活躍を見せている。

次ページ >> ヘアヌード写真集の中でも“最もエロい”と評判なのは…





厳しい寒さが続く日本列島。冷えた体を温めようと訪れた旅先で奥様たちが溺れたアツアツの交わりをご報告。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号