恋華大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」DV男から逃げた女性を脅し、公園のトイレで凌辱した鬼畜

2017年08月04日 17時00分 公開 [週刊大衆2017年08月07日号]



モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

事件調書
被害者 家出したばかりの25歳女性
犯行現場 公園の多目的トイレ
犯行手口 ナイフを突きつけて脅迫
レイプ犯 夜逃げ同然でホームレス生活を始めた男

 家賃が払えず、野宿をするまでに追い詰められていた中年男が深夜、若い女性に襲いかかった。レイプ被害に遭った若い女性は、売れない芸人と同棲していたが、暴力と暴言に耐えかねて逃げ出したところだった。男は、そんな彼女を公園のトイレに連れ込んで暴力を振るったあげく、陵辱して逃走したのだ。

 深川恵司(45)は職を転々とした末、安アパートで暮らしながらチラシ配りをしていた。だが、ある日、マンションの集合ポストにチラシを配っていると、管理人から怒鳴りつけられた。「不法侵入だ。警察を呼ぶぞ!」

 心の折れた深川は、急にやる気がなくなり、以降、仕事にも行かず部屋に引きこもるようになった。その結果、家賃の支払いを3か月も滞らせ、ついに夜逃げすることになってしまう。スーパーで食料品や酒、ついでにナイフも万引きし、公園で野宿を開始。残る所持金は、タバコを買えるだけ買って使い果たした。“あとは泥棒をして暮らすしかない” 深川の心は、荒み果てていた。

 深夜、タバコを吸うために公園のベンチから起き上がると、別のベンチに、大きなバッグを抱えた若い女性が座っているのが目に止まった。恋人はおろか、風俗店にも何年も行っていない深川は、女体に飢えていた。“あの女、ちょっと脅かしてやるか”

 深川は立ち上がり、遠回りをして彼女に背後から近づいていった……。公園のベンチで途方に暮れていたのは、コールセンター勤務の宮里麻里子さん(25)。彼女は売れない芸人の野田太一郎(33)と同棲していたが、暴力に耐えられず、家出してきたばかりだった。

 野田との出会いは、小さな小屋でのライブだった。たまたまライブを見ていた麻里子さんが、終演後に「面白かったですよ」と声をかけたのがきっかけで、後日、連絡を取り合って食事に行くことになったのだ。

 居酒屋で野田は泥酔し、ほぼ昏倒に近い形で寝てしまった。閉店時間になり店を出なければならず、仕方なく麻里子さんが代金を支払って、住所も分からないのでタクシーで自宅に連れ帰った。野田をなんとかソファに寝かせ、自分もベッドに入ろうとすると、野田が手を伸ばしてきた。2人は男女の仲になり、野田がそのまま彼女の部屋に居着く形で、同棲が始まった。

次ページ >> 「ソープランドに行って稼いでこいや」



モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

ワンルームマンションにたどり着いた2人は、缶ビールを片手に職場の悪口で盛り上がっていた。 すると、玄関のチャイムが突然、鳴り響いた。 「泊めてくれ、鍵をなくしてしまったんだ」

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号