恋華大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」60男が小料理屋の女将と結託、美人パチンコ店員をワナに…

2017年07月28日 17時00分 公開 [週刊大衆2017年07月31日号]



五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

事件調書
被害者 パチンコ店の20代ホール係
犯行現場 共犯の女が経営する小料理屋
犯行手口 睡眠薬入りのレモンサワーで昏倒させて
レイプ犯 同じパチンコ店に勤める60代警備員

「被告人らは卑劣な手段により被害女性を欺き、昏睡させて犯行に及んだ」 検察官はこう読み上げると、被告席と証人席にいる年配の男女を睨みつけた。男はパチンコ店の警備員で、同じ店の若い女性ホール係を小料理屋に連れ込んだ。そして、その店の女将が被害者に睡眠薬入りの酒を飲ませて、男がレイプ陵辱を遂げたのだ。

 新田和正(63)は、パチンコ店の警備員になるまで、夜の世界を渡り歩いてきた。若い頃は盛り場でクラブの黒服をし、のちに店長になった。生来の女好きで、ホステスの相談に乗るふりをしては、つまみ食いのセックスを楽しんだ。

 バブルが弾けて店が傾いてくると、面識のあった社長から金を借り、高利貸を始めた。が、法規制が厳しくなったことで、廃業に追い込まれる。その後、夜間のハイヤー運転手として定年まで勤めた後、パチンコ店にたどり着いたのだった。

 40代くらいまでは稼ぎの悪いほうではなかったが、放蕩癖がひどく、2度結婚したものの、いずれも妻に愛想を尽かされて離婚。子どもはいなかった。50代半ばで3度目の結婚をしたが、3度目の妻はセックスを面倒臭がり、夫婦生活はないも同然だった。

 欲求不満な新田は、パチンコ店の警備員をしながら、パチンコに来る女性客を密かに物色し始めた。“できれば40代のシ頃女がいい。50代だって味さえよけりゃ……” そんな妄想を抱く新田に缶コーヒーをポンと渡したのが、近所で小料理屋を営む女将の笹井京子(65)。

「どう? 調子は」 そう声をかけてきた京子は若い頃は売れっ子ホステスで、新田と同じクラブで働いていた。この数か月前、店の定休日にパチンコに来て、新田と再会していたのだ。そんな京子が、のちに新田の共犯者となる。

 数日後の晩、新田は京子の店に足を運んだ。客は他におらず、内装などのくたびれ具合から見て、流行っていなさそうだった。やがて、京子は新田にこう耳打ちした。「お店の家賃が今月、払えそうにないの。3万円、貸してくれない?」

 京子の頼みに、新田はこう切り返した。「3万円やるからセックスさせるか?」 京子は頷いた。京子が売れっ子ホステスだった頃、新田は相手にされず、つまみ食いもできなかった。だが、40年の長い年月を経てセックスできるのだ。“ババアだっていい。体を味わってやる”

次ページ >> スレンダーで、笑顔の印象的な美女に目をつけて…



五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

今回お越しいただいたのは久倉加代子さん50歳。会社員のご主人と二人のお嬢様と4人家族で、28年間平穏な毎日を過ごされてきました。しかしそんな日々にも不満があるそうで…。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号