恋華大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」女教師妻の性欲と生活指導に疲れ、行きずりの処女を強襲!

2017年07月19日 17時00分 公開 [週刊大衆2017年07月24日号]



吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

事件調書
被害者 バイト帰りの女子大生
犯行現場 深夜の雑居ビル
犯行手口 声をかけ、拒まれると無理やり
レイプ犯 年上妻を持つ宅配ドライバー

「私は一生、“初体験”を悪夢のまま引きずるしかないんです……」 レイプ被害に遭った女子大生の陳述が、法廷で読み上げられた。被告席の若い男は、年上の妻から毎晩のようにセックスを要求され、生活面の管理も厳しかった。そんな妻が不在の折、男は酒に酔って街を徘徊し、処女だった彼女を襲って暴行を働いたのだ。

 石坂貴之(22)は高校を中退したあと、アルバイトを転々とし、宅配便のドライバーになった。いつものように配達をしていた晩のこと。送り状に書かれた届け先に、石坂は覚えのある名前を見つけた。“まさか……”と思いつつ、玄関のチャイムを鳴らす。「あらっ、あなた石坂クンじゃない?」

 玄関先に現れたのは、高校時代の担任教師・文香さん(34)その人だった。それは、石坂にとって、まさに奇跡。文香さんは、彼にとって単なる担任ではなく、難しい生徒であった石坂を何かにつけ気にしてくれた恩人であり、初恋の対象でもあったのだ。

「元気だった? 仕事が終わったら、ご飯でも食べに来なさいよ」 文香さんに誘われた石坂は、言葉通り、帰りに文香さんの部屋を訪ねた。文香さんはまだ独身で、一人暮らしだった。“このオレが、先生の部屋に……!”

 文香さんの作った料理を食べ、ワインを飲んだりしながらも、石坂の胸は激しく動悸を打ち、味どころではない。そして当然、激しく脈打っていたのは胸だけではなかった。フォークを落として拾おうとテーブルの下にかがんだ文香さんの動きが、一瞬止まる。石坂のズボンの股間が、大きく膨らんでいたのだ。石坂も、見られたことに気づいた。「オ、オレ……先生のこと好きだったんです」

 石坂はやぶれかぶれでそう告白すると、文香さんに抱きついた。「落ち着いて……」 そう言いながらも、しゃにむにキスを求める石坂に、文香さんは応じた。石坂は、ぎこちない手つきで彼女の豊かな胸に手をあてた。“やわらけえ……!” そのまま、無我夢中で揉みしだく。そんな石坂に、文香さんはこう言った。「ねえ、待って。ベッドに行きましょ」

 ベッドで全裸になって抱き合い、彼女の股間に手を這わせて秘所をまさぐると、そこはすでにグッショリと濡れていた。石坂のペニスも、鋼鉄のように硬く反り勃った。「挿れていい?」「うん、でも中は駄目よ」 石坂は頷くと、彼女の中に突進した。たちまち、ペニスはヌルヌルッと吸い込まれていく。「先生、気持ちいい……!」

次ページ >> セックス三昧の末、12歳年上と“格差婚”するも…



吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

最近は、妊娠が発覚してから結婚するカップルも多いと言います。その呼び名も昔は"出来ちゃった結婚"と少しばかりネガティブな言い方だったのが、今では"授かり婚"や・おめでた婚・と非常にポジティブ。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号