恋華大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」バツイチ中年男が婚活女漁り、35歳女性を失神させハメ撮り

2017年06月30日 17時00分 公開 [週刊大衆2017年07月03日号]



神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

事件調書
被害者 バツ2の35歳女性
犯行現場 ラブホテルの部屋
犯行手口 柔道の寝技で失神させて
レイプ犯 婚活サイトで出会った五十男

「頭にカーッと血がのぼってしまって……無我夢中で首を絞めました」 法廷に立った男は、口論をきっかけに、女性をレイプ。しかも、陵辱場面を携帯電話のカメラで撮影し、その画像を女性の親族や友人に送りつける鬼畜の所業に及んでいた。いったい、何があったのか――。

 山岸康夫(50)は運送会社の会社員。元妻(49)は、一人息子の出産後、パチンコに熱中するように。年の半分は出張という生活だった山岸が家を空けている間、家事や育児を放り出して台に向かった。負けが込んでくると、家の冷蔵庫は空になって公共料金の支払いも滞るという始末で、電気やガスが止められることもしばしばだった。

 20年近く妻の所業をこらえていた山岸だが、息子が高校を卒業して社会人になったことで、ようやく離婚することにした。離婚の話をする中で、妻がパチンコ資金のため、消費者金融から多額の借金を重ねていたことが発覚。支払い能力がないため、山岸が代わりに借金の整理をすることになってしまう。「このクソアマ、殺してやりたい……」

 激しい憎悪を抱きながら、山岸はなんとか離婚届を提出した。「あのゴミ女のせいで、人生をムダにした。やり直せるものなら再婚したい」 そう思い、離婚から間を置かずして、山岸は婚活サイトを利用し始めた。

 最初に会ったのは未婚女性の潤子さん(43)。駅前のファミリーレストランに入り、生ビールで乾杯をした。大阪出身の潤子さんは気さくな女性で、何より、ニットのセーターに形がはっきり浮かび上がるほどの巨乳の持ち主。リアクションもいちいち大きく、ケラケラと笑いながら肩を叩いたりもしてくる。山岸は「いけるんじゃないか」と、へその下がうずくのを感じながら話を続けた。

 だが、話が山岸の離婚歴に及ぶと、雲行きが一変。「あんた、なんで奥さんと別れたん?」

 山岸は元妻がパチンコにハマって、消費者金融から多額の借金をしていた苦労話を明かした。が、彼女にこう一刀両断されてしまった。「そういう原因は、ダンナのほうにあることもあんねん。奥さんだけが悪いわけやないで!」 そう言われ、山岸は完全に言葉を失った。

「オレはあれだけ耐え忍んだのに……。知ったふうなことを言いやがって!」 ハラワタが煮えくりかえった山岸は、早々に会話を打ち切り店を出た。

次ページ >> 婚活サイトで出会った2人目の女性と…



神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

「あんたが沖縄生まれって見えんなあー」 多くの男にこう言われてるのが、難波にあるホテルヘルス『奥様パート中』のひなサン(30歳、T165・B88W62H89)。言われてる通り沖縄生まれやけど、ワカパ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号