恋華大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」中年男が巨乳女性を拉致監禁、鬼のジャングルファイヤー姦

2017年01月09日 15時00分 公開 [週刊大衆2017年01月02日号]



社長秘書 KOBE HEAD OFFICE
http://s-hisyo.com/
新しい価値を紡ぎだす セクハラとのコラボレーション 現役社長秘書 福原勤務!

事件調書
被害者 26歳のOL兼デリヘル嬢
犯行現場 雑居ビルの屋上
犯行手口 頭から袋を被せて拉致
レイプ犯 39歳の会社員

法廷に引き出された男は、職場でも家庭でも激しいストレスにさいなまれていた。
そんな生活で唯一の慰みがデリヘルで、毎日のように利用し続けていた。だが、金に余裕があるわけではなく、ついには犯罪に手を染めるのである。

芳野浩人(39)は、布団を訪問販売する会社の課長をしていた。いわゆるブラック企業であるがゆえ、過重ノルマに追われてまともに休める日はなかった。
そんな芳野には妻子がおり、3歳上の妻はセックスが大好きだった。芳野がどれほど疲れて帰っても、性行為を強く求め続けた。

“女房のヤツ、結婚してから急に太りやがって。あんなダブダブのデブ女房なんか、もうヤリ飽きた……”
それでも、芳野が布団に入ると妻が潜り込んできてイチモツを握りしめ、フェラチオに及んだ。それを無視しても、妻がパンティを脱ぎ捨てて迫ってくる。顔面にワレメを押し当て、自ら腰を振って勝手にアエギ声を上げる始末なのだ。
妻の体重で芳野は窒息しそうになった。その苦痛から逃れるべく、仕方なくセックスした。

そしてさっさと射精を済ませると、たちまち眠りこけた。そして、疲れを残したまま職場に通った。
芳野は妻の生理日を心待ちにしていた。その間は、妻がセックスを求めてこない休暇期間だったからだ。

“本当は、若くてスタイルのいい女とヤリたい”
そこで芳野は、風俗店に通い続けた。そのうち、美人ばかりが所属する風俗店を見つけ、どハマリした。

しかし小遣いに余裕がないため、ついには職場の金を使い込むようになった。
さらに、ラブホテルで使うボディシャンプーが自宅と違うため、帰宅する前に焼き鳥屋で一杯やることまで日課になった。焼き鳥を焼く煙が、妻をごまかすのにちょうどよかったのだ。

デリヘル料金、ホテル代、焼き鳥店の飲食代……使い込んだ金額は、どんどん膨らんでいくのだった。
遅かれ早かれ職場にはバレる。クビになるばかりか裁判沙汰にさえなりかねない。

いよいよ困り果てた芳野はこう思った。
“いっそ銀行強盗でもやるしかないか……”

次ページ >> 実録「レイプ裁判」中年男が巨乳女性を拉致監禁、鬼のジャングルファイヤー姦



社長秘書 KOBE HEAD OFFICE
http://s-hisyo.com/
新しい価値を紡ぎだす セクハラとのコラボレーション 現役社長秘書 福原勤務!

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号