恋華大衆 TOP 桃色コラム

働くオンナたちの「秋の淫らSEX」絶頂告白

2016年10月26日 16時30分 公開 [週刊大衆2016年10月31日号]



シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

寝ても覚めてもHなことを考えている――そう、現代女性は愛欲に飢えている! 人肌恋しい今がチャンス!!

OLが“お茶レディ”の略語だなんていわれたのは、昔の話。昨今は、男より何倍も優秀で、有能な女性はワンサカ。それだけにストレスも溜まるのか、男と同じように酒とセックスで鬱憤を晴らす御仁も多々、出現。ナースや女教師など働く美女たちが“職場の人には絶対内緒”のストレス発散法を大胆告白!

今年春から民間の介護施設で働いている絵美さん(27・看護師・仮名=以下同)は、「以前いた大学病院より、ずっとストレスが大きい」と言う。
「大学病院は患者さんだけを気遣っていればよかったけど、ここでは入居者の家族への対応が大変で……」

介護施設は高齢者が多いこともあり、一般の病院では考えられないことが続々、発生。てんてこ舞いだ。「食堂でカンシャクを起こした男性が車椅子ごと転倒して、頭を5針も縫う大ケガ!! 看護師不足で、私が病棟の責任者になってるんだけど、何か起こると、そのたびに、入居者の家族へ報告の電話をしなくちゃいけないんです」
ところが、電話をすると、「バカヤロー。何やってんだよっ!」と、罵詈雑言を浴びせられることがしょっちゅう。大変な仕事でストレスもあり、転職してから酒量も激増し、飲む回数も増えた。

「私は、お酒を飲むとプッツンすることが多かったんだけど、こないだはひどかった。朝、目が覚めると、隣に男が寝てて、私も彼も素っ裸だったんです」
男は、前夜に飲んだカウンター居酒屋で偶然、隣に座っていた20代前半のフリーター。
「店で彼が自分の“モノ自慢”をしてたんです。私も酔った勢いで、“じゃあ、どれくらいデカいか試してやるわ”って、自分のアパートに連れ込んで……」

部屋に入ると男をベッドに押し倒して「ホラ、自慢のモノを見せなよ~」とズボンをずり下ろし、「松茸なら5000円クラスか」とパクッと咥え、下着を脱いでまたがって、騎乗位でズブリと挿入と、ここまでは覚えているが、「その後の記憶はない」と、彼女は艶めかしく笑うのだ。

「よほど激しくヤッたのか、アソコがヒリヒリしてて。で、隣で寝ている男の子を起こすと、うつむき加減で、よそよそしい。せっかちにズボンをはいて、“じゃあっ!”ってアパートを出て行ったんだけど、よほど激しかったんだろうな……って(笑)」

かなりのセックス好きと見たが、「でも、飲み屋で知り合った男性を自分のアパートに連れ込んで“強チン”するなんて、もちろん初めて。やっぱ、ストレスが溜まってたんですかねえ。あの居酒屋には、もう絶対行けませんが……」と反省しきりの絵美さんだが、“禁断の落とし穴”にハマったOLもいる。

飲料会社に勤める知香さん(26)は、巨乳美女。聞けば、Gカップの彼女は同じ職場のHさん(39)と社内不倫をしていたという。
「私は独身で、彼は既婚。会社ではいわゆる“窓際”で、冴えない感じだけど、私が好きなプロ野球チームの大ファンなんです」

プロ野球が開幕した3月、彼に誘われて試合観戦に行ったのだが、球場では“応援団の顔役”だった。
「応援してるときも生き生きしてて、応援団仲間も彼に一目置いている。会社とは、まるで別人なんです」

試合が終わり、応援団仲間が集まる飲み会に行ったときのこと。その中の一人が「知香ちゃんはHさんの彼女なの?」と、ニヤニヤしながら訊いてきた。
「すると、彼がムキになって“失礼なことを言うなよ!!”って怒ったんだけど、それが、かわいいような、それでいて物足りないような気がして……」

今ドキの女性は積極的。彼女がHさんをホテルに誘ったのは、3回目の野球観戦の帰り道でのこと。
「彼の“もう一つの顔”に興味を持ったというか、好きになったというか……。もっと懐に入りたいって、そんな気持ちだったんだと思います」
純情な恋心を燃やす彼女だが、恐妻家の彼は尻込み。「いいじゃん!」と無理やり腕を組んだ。

「こんなふうに話すと、私がすごいヤリマンに聞こえるけど、私、そんなにセックス経験はないんです」
新宿のラブホテルで「実はオチ○チンをまともに触ったこともない」と打ち明けると、Hさんも少し驚いたようだった。しかし、「彼のエッチは球場のときと同じで情熱的。ひと言で言うと、とても良かったです(笑)」

いったん関係ができると、彼女のほうが大胆に。
「会社で彼に“ちょっと来て”ってメールして、応接室で、ズボンの上からチ○チンをスリスリして、最後は手でイカせました」
な……なんとフシダラ!
「あと、販促品を置いてある部屋では、エッチもしました。彼はビビってたけど、面白かったです(笑)」

だが、2人の関係は、携帯メールを見た奥さんにバレることに。広島の優勝が決まった日に、彼から別れを切り出されたという。秋風とともに終わった初めての社内不倫。彼女の下半身も寂しい!?

次ページ >> 働くオンナたちの「秋の淫らSEX」絶頂告白



シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

 グラビアアイドルからAV女優へと衝撃の転身を遂げてから早くも8年。今年、三十路の節目を迎える春菜はなサンといえば、男たちの視線をクギヅケにするKカップのバストがなんといっても魅力的だ。そのサイズは…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号