恋華大衆 TOP 桃色コラム

人気女子アナ「最新おっぱいニュース」実況中継

2016年05月30日 09時30分 公開 [週刊大衆06月06日号]



アムール
http://club-amour.com/
最高の美女達と究極のマットプレイを… 日常では味わえない最高の快感…

速報です。ただいま、才色兼備の美女たちの巨乳が大変なことになっています。その模様を大衆報道センターよりお届けいたします。

夏が近づき、女子アナが薄着になると、彼女たちの胸元が気になって仕方がない――。そんな世のお父サンたちのために、各局美女アナの“おっぱいニュース”最新版をお届けしよう。

巨乳とムチムチボディの女子アナの“宝庫”といわれるテレビ東京で、急激に存在感を増しつつあるのが鷲見(すみ)玲奈アナ(26)だ。
「推定Fカップの巨乳はもちろん、ムッチリした太もも、はちきれそうなヒップ、肉づきのいい二の腕、すべてがグラマラスで肉感的なんですよ。そんな彼女が体を張ってエロいパフォーマンスを見せてくれるのだから、人気が出るのは当然です」(女子アナウォッチャー)

昨年1月から『ウイニング競馬』を担当している鷲見アナ。当初は「オッズを読み間違えないように」という理由でメガネをかけるようになったそうだが、「肉感的なボディと整った容姿の彼女が、メガネをかけることで“メガネ萌え”する男性ファンが急増中です。今では他の番組にも、メガネをかけて出演することが多くなりました」(テレビ誌記者)

『ウイニング競馬』で騎手が練習用に使う“木馬”にミニのキュロットのまま跨がり、太ももをモロ見せして巨乳をプルプル揺らし、腰を振りまくる彼女のエロすぎるパフォーマンスは、今も語り草だ。今年1月からスタートした『鷲見玲奈、お肉吟じます。』は、その名の通り、彼女が肉を食べさせる店を訪れ、食した肉の感想を詩吟の形にして歌うという食レポ番組なのだが、「鷲見アナがおいしい肉を食べたときに“アァ~”と声を上げ、恍惚の表情を浮かべる姿はセックスを連想させると、もっぱらです。それを分かってやっている彼女は、なかなかの役者ですね。サービス精神は満点と言えそうです」(前出の女子アナウォッチャー)

芸能ライターの織田(おりた)祐二氏も鷲見アナの“おっぱい力”を高く評価して、次のように言う。「先日放送された『お肉吟じます。SP』は熱海でロケ。名物のたこ棒を頬張った鷲見アナが詩吟を始めたところ、外国人が近づいてきて“とてもいい歌だね。君はポップスター?”と言いながら、彼女の腰に勝手に腕を回して、記念撮影していました。でも、巨乳に魅入られるようにフラフラ近づいてしまった気持ちは、自分もよ~く分かります」

そんな彼女が同じテレ東の先輩・紺野あさ美アナ(29)と夢の“おっぱい競演”を果たしたのが、4月27日放送の『紺野、今から踊るってよ』。元モーニング娘。のメンバーだった紺野アナがゲストの女子とともに踊りまくるユニークな深夜番組で、「局アナとして伸び悩み、14年には体調不良で休養するところまで追いつめられた紺野アナですが、昨年3月に初の冠番組となる『紺野、今から~』が始まると、水を得た魚のように生き生きしてきたんです」(前出のテレビ誌記者)

芸能評論家の平林雄一氏も、次のように話す。「実は紺野アナ、“モー娘。”一の巨乳として有名でしたからね。小柄ですが、バストは86センチのDカップはあるといわれていました。鷲見アナとの共演は、相手にとって不足なしでしょう」

かくして実現した鷲見アナと紺野アナのダンスの競演。アイドルグループ℃‐uteの『まっさらブルージーンズ』という曲に合わせて軽やかにステップを踏み、おっぱいをユッサユッサ揺らす2人の姿は、まさにド迫力ものだった。

次ページ >> 人気女子アナ「最新おっぱいニュース」実況中継



アムール
http://club-amour.com/
最高の美女達と究極のマットプレイを… 日常では味わえない最高の快感…

7年前、父親の反対を押し切り勘当同然で東京へ出た耕太郎の元に一本の電話が入った。電話の相手は実家の母親。父親が他界したという報せと、久しぶりに帰って来ないかという耕太郎にとっては内心待望の電話であっ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号