恋華大衆 TOP 桃色コラム

SEXできる!「欲情人妻の見分け方」

2016年05月10日 20時00分 公開 [週刊大衆5月9・16日号]



アムール
http://club-amour.com/
最高の美女達と究極のマットプレイを… 日常では味わえない最高の快感…

世間の奥様方もヤリたくなる新緑の季節。でも誘ってみて断られたら赤っ恥。的中率を上げるにはどうしたらいい?

桜の花も散り、汗ばむ季節がやってきた。肌の露出も多くなるこの季節は、人妻の脇(股?)も甘くなる季節。美人妻たちも、なにやら、いろいろ蠢きだす頃だという。そこで、彼女たちが意中の男性に密かに送る「誘ってサイン」を、こっそり研究してみた。

「人妻さんがオンナをより強調するファッションや化粧をしているときは、多かれ少なかれ、浮気心があるとき――こう考えて間違いないでしょうね」
こう話すのは、人妻の不倫事情に詳しいドキュメンタリー作家の酒井あゆみ氏。
たとえば、職場の同僚人妻と飲みに行く日。いつもはデニムなのに、その日は珍しくスカートをはいてきたとき。あるいは、飲んでいる途中、頬紅やアイシャドーなどのメイク直しをしたときは、要チェックだ。
「こんなときは“よろめき率”も高くなります。いつもと違う感じの化粧やファッションにして、いつもと違う自分になろうってことなんです」(前同)

他に外見で特にチェックしたいのは、アクセサリー、靴、爪だろう。
「浮気したいな~って思っている男性と会うときは、たとえば、ベージュのツーピーススカートとか、一見まじめな奥様ふうのファッションで出向いても、ほんのちょっと違うんです。小悪魔的なイメージのイヤリングやネックレスをつけたりしてね。男性の気を引くワンポイントを入れます」(同)
夫がいる身ということもあって、独身女性のように露骨な「誘ってファッション」はできないが、どこか1か所だけ「ソノ気がないわけではない」というサインを出すというわけだ。

靴も人妻のソノ気を見破るヒントになる。
独身OL時代のセフレとデートを約束した宏恵さん(33・仮名=以下同)は、出かける直前まで先が丸いパンプスにするか、尖ったハイヒールにするかで悩んだという。
「丸いパンプスなら会うだけ、尖ったハイヒールならエッチまでいくつもりでした。女性は不倫する気持ちがあるとき、無意識に、よりエキセントリックな靴を選ぶんじゃないかしら」
彼女は迷いに迷ったあげくハイヒールにしたのだが、案の定、その日はお持ち帰りされてしまったんだとか……。

また、最近ではネイルでサインを送る女性も増えているらしい。
小学生の子どもがいる聡美さん(36)は、幼稚園時代のママ友と月1回、ネット募集した男性グループとランチ合コンをしている。
「シティホテルでランチして、気に入った男性がいたら、そのまま部屋に直行するんだけど、示し合わせたわけでもないのに、みんなネイルチップ(つけ爪)をつけてるの。こうしたオシャレで、普段より大胆になれるのかな」

ネイルサロンで施した本格的なネイルではなくてチップなのは、金額の問題もあるが、ダンナに怪しまれないため。
「まあでも、うちのダンナもそうだけど、他の奥さんのダンナさんも、ネイルしてるから浮気するとは思わないでしょうね。妻のことなんか、あんまり関心ないみたいだから(笑)」

女性が欲情すると濡れるのは皆さんもご存じだろうが、それ以外にも、肉体的変化は表れるらしい。
生保レディの美和子さん(37)は、営業先の部長と飲みに行ったとき、チークダンスで発情させられた。
「ダンスしてるときに、私の腰や背筋を、なにげなく撫でるんです。お尻とかなら“やめて”と言えるけど、腰や背中だから強くも言えなくて……」

ところが、こうして撫でられているうちに、体が勝手に反応してしまった。
「背筋を指先でツーッとされると、思わず“うぅ”ってなって……。あの部長、ごつい顔に似合わず女の弱いところをよく知ってるし、指遣いもうまいんですよ」
ダンスが終わっても体の火照りは収まらず、手のひらや額にうっすら汗をかいていた。ハンカチで拭いても、汗は止まらない。

性体験豊かな人妻ならではの反応だが、後に部長から耳元で、
「もっといい思いさせてやるから、どっか行こうか」
と囁かれると、後先考えず、コクンとうなずいてしまったんだとか。
「どうせ家に帰ってもダンナとは別寝だからってのもあったんだけど、部長には、うまくハメられたって感じでした」(前同)

顔や体が火照り、手や額から汗が出る女性はわりと多いのだが、別な反応を示す人妻もいる。
ファストフード店でパートをしている真美さん(39)はバイト学生を誘って飲んだことがあった。
「“風俗には行くの?”と聞くと、“いえ、あの、僕はまだ誰とも……”と顔を真っ赤にしてうつむくの。その様子を見てたら、なんかムラムラしちゃって(笑)」
なんと言って誘おうか、どこでエッチしようかと頭を巡らすうちに、口の中が渇いてカラカラになった。
「ビールを飲んで口を湿らせたんだけど、“私が最初の人になってあげようか”と言うまで、唾を飲み込んだり、唇を舐めたりで大変でした。“舌なめずりをする”ってのは、ああいうことなのかもしれません(笑)」

次ページ >> SEXできる!「欲情人妻の見分け方」



アムール
http://club-amour.com/
最高の美女達と究極のマットプレイを… 日常では味わえない最高の快感…

石巻や気仙沼あたりの宮城県北東部太平洋沿岸は、かつて金の産地が散在していたことから"黄金海道"と呼ばれていた。そんなきらびやかな名前を持つ駅弁『みやぎ黄金海道』を、仙台駅で買い求めた。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号