恋華大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」妻に真実を隠された職人の男が泥酔する嫁の妹を襲って妊娠姦

2016年03月07日 20時00分 公開 [週刊大衆03月14日号]



風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

事件調書
被害者  加害者男性の妻の妹
犯行現場 加害者男性の自宅で
犯行手口 泥酔したところを
レイプ犯 29歳のペンキ職人

「出来心でした」
男は法廷で犯行の動機を語り、肩を落とした。
レイプ犯行に及んだ男には“ある思い込み”があり、それもあって、泥酔する妻の妹に手を出した。その裏側では、想像を超えた人間ドラマがあった。

茂木研斗(29)はペンキ屋の職人だった。高校を中退して以降、ずっとこの仕事に打ち込んでいた。
日常の楽しみといえば合コンで、さまざまな女性との出会いが何より心が弾む瞬間だった。だが、秋奈さん(33)との出会いは、他の女性とは違っていた。

ひと目会っただけで心が揺さぶられ、気づくと彼女を居酒屋に誘っていた。
後日、居酒屋で十分に酔いが回った2人は、いつしか手を握り合っていた。
そのうち、見つめ合うようになり、茂木は彼女の膝を撫でた。太ももに手を伸ばし、スカートの中に手を入れる。秋奈さんには拒む様子がないどころか、すでに秘部が濡れていた。

周囲の客に気づかれないよう、膣口に指を突き入れた。ヌルヌルッと吸い込まれると、布越しに「クチョクチョ」と淫靡な音が響き始めた。
「ン、ン……」
秋奈さんは、静かに吐息を漏らすと、今度は茂木の硬く勃起したイチモツをズボンの上から撫でた。
そのまま、お互い気持ちが高ぶり、その晩のうちに男女の仲になった。

それから1年後、2人は結婚。やがて子どもが欲しくなり、“中出し”を続けたが、半年以上たっても妊娠することはなかった。
「お医者さんに診てもらってくるね」
意を決した秋奈さんは、産婦人科へ足を運んだ。その夜、彼女は神妙な顔で茂木にこう切り出した。

「私の問題じゃなくて、“ご主人に原因がある”って言われたの」
彼女は、男の“無精子症”をほのめかした。
「そっか……」
ショックを隠し切れない茂木だったが、彼女の言葉は事実ではなかった。

実は彼女自身が不妊症と診断されており、その事実を知られたくない一心で、ウソを伝えてしまったのだ。
だが、茂木は自分が“種ナシ男”であると思い込んでしまい、この後、事件を起こすことになる――。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」妻に真実を隠された職人の男が泥酔する嫁の妹を襲って妊娠姦



風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

子供の頃から親の都合でアメリカとイギリスで生活していました。初体験はアメリカにいた頃、ハイスクールの屋上で当時付き合っていた彼氏とでした。もちろん彼はアメリカ人です。でも初めてエクスタシーを感じたの…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号