恋華大衆 TOP 桃色コラム

仰天リバイバル ただ今「テレクラ不倫」が復活中!

2016年03月06日 20時00分 公開 [週刊大衆03月07日号]



池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

電話一本で会える、オトナのホットライン。IT時代の今、逆にアツいッ!? 突撃すると愛らしい顔立ちの奥様が……。

「ベッキー騒動の影響でしょうね。最近、SNSでのやりとりに危険を感じている人は増えていますよ」
こう語るのは、風俗事情に詳しいライターの青山輝彦氏だ。確かに、秘密のLINEメールが流出したあの騒動は衝撃だった。

「LINEをはじめ、フェイスブック、ツイッターなどのSNSを“出会い系”として利用していた不倫妻は戦々恐々としてますよ。自分の送った文章が、どこで流出するか分からない。SNSは身元もバレやすい。やはり出会い系として使うのは危ないんです」(前同)
では、そんな秘密の出会いを求める奥様は、次はどこに流れていくのか――。

実は、そこで今、注目されているのが“テレクラ”だという。出会い系の元祖であり、1990年代に大ブームになった。
「体験漫画家の成田アキラ氏や、AV監督のカンパニー松尾さんなんかも、テレクラで出会った素人女性とのリアルなセックスを“作品”にしてバカ売れ。確かに、あの頃は結構、かわいい女の子と出会えることもあったし、“JK援交”の温床にもなってましたからね」(同)

だが、2000年代に入ると、出会い系サイトの隆盛によりテレクラは衰退。現在も全国の主要都市には点在するが、“昭和の遺物”と化している感は否めない。
「ただ、テレクラは、電話一本で見知らぬ異性と出会えて、メールなどの証拠も残らない。即会えるという即効性もテレクラの強みです」(風俗専門誌編集者)

ならば、と本誌取材班も数年ぶりにテレクラ取材を敢行。まず訪れたのは都内某所のテレクラ。店のシステムも昔と同じで、男性は個室で待機して、電話を待つだけだ。するとビックリ。
入店して2分足らずで、早くもコールが鳴った。
「今すぐ会えますか!?」

いきなりコレだ。色気も何もない女性の声に、こちらが戸惑っていると、
「イチゴ(売りの隠語で、1万5000円の意味)でお願いしたいんですけど。今、駅前のマックにいます」
勝手に話を続ける始末。一瞬でコミュニケーション能力ゼロと判断できる女性に意気消沈していると、
「私の○○(聞き取れない)って、美味しいのよ~」

え? お尻ですか?
「アソコって言ったじゃない。バカじゃないの!?」
ガチャ! なんなんだ、今の女は……その後もコールは続いたが、どれもヒドいのひと言。明らかに呂律の回っていないオバサンやら、都内のテレクラにかけておいて埼玉県の奥地まで来い、と言い出す自称25歳の無職女性などなど。

ゲンナリして取材終了。とりあえず我々がつかんだ真実を前出の青山氏に“八つ当たり”報告してみた。
「あ~、それね、場所が悪いんですよ。相席居酒屋や出会い喫茶など、出会いの場が山ほどある繁華街で、いまだにテレクラを使う女がヤバイだけ。もっと下町のテレクラに行けば、もう少しマシですよ(笑)」

なんと、盲点であった。思えばテレクラは“地元密着型”の出会い系だ。下町なら素人度も高くなるはず。

次ページ >> 仰天リバイバル ただ今「テレクラ不倫」が復活中!



池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

石川県七尾市の和倉温泉。高級旅館が集まる人気の温泉街だが、当地でオススメの夜の遊びはコンパニオン。粒が揃っていることで有名なのだ。旅館でコンパニオンを2人呼んだ。彼女たちは30歳前後。ピンクコンパニ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号