恋華大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」アイドル関係者を装い美女を…元お笑い芸人の歪んだ欲望姦

2016年02月22日 20時00分 公開 [週刊大衆02月29日号]



モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

事件調書
被害者  20歳の女子大生など6人
犯行現場 ラブホテル
犯行手口 立場を偽って
レイプ犯 43歳の元お笑い芸人

法廷に立った男は、元お笑い芸人だった。
一向に売れないことから引退した彼は飲食店で働き始めたのだが、売れっ子への嫉妬心は余計に燃え上がった。そして男は、有名芸能人に便乗して、街中の女性たちに卑劣な行為を繰り返したのである。

小さい頃からお笑い芸人に憧れていた沼田貞一(43)は、高校卒業後、お笑い芸人の養成所に入った。
コンビを組み、ドサ回りをして、ときどきテレビ局の収録で本番前の前説(まえせつ)を務める生活だった。しかし、テレビや雑誌に取り上げられたことは一度もなかった。
沼田は“売れっ子”になりたいと渇望し続けたものの、その兆しはなく、ずっと貧乏のまま。そこで40歳で見切りをつけ、ラーメン店で働き始めたのだ。

それまでと違って定収入を得るようになったものの、失敗続きの人生からか、すべてに自信をなくしていた。
店内のテレビに映るタレントたちを見るだけで、激しい嫉妬と劣等感に悩まされ、すぐにチャンネルを切り替えるほどだった。
そんな沼田にとって、売れっ子へのトラウマは他にもあった。それは「女」だ。というのも、知り合いの売れっ子芸人の自慢話が頭にずっと残っていたから。

「女なんか毎晩、入れ食いや。ワシのモノは黒光りしてんねん……」
入れ食いどころか、彼女すらできたことのない沼田にとって、この言葉は“売れっ子への劣等感”へと変化してしまっていたのだ。
“売れるって、そんなにスゴいのか? オンナが入れ食いになるほどなのか?”
一方的な嫉妬の炎は、メラメラと燃え続けた。そしてあるとき、ふと一つの推測が頭をよぎった。

“売れっ子の関係者、それも、人気アイドルのマネージャーになりすましてみれば、オレの人生も変わるんじゃないか?”
いくら売れない芸人だったとはいえ、普通の人より話術は得意なほうだった。そこで、沼田は繁華街に出かけ始めたのだ――。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」アイドル関係者を装い美女を…元お笑い芸人の歪んだ欲望姦



モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号