恋華大衆 TOP 桃色コラム

睡眠VS性欲、秋の仁義なき戦い勃発! 女性記者オメオメ子「破廉恥ムクムクSEX日記」

2015年11月29日 11時00分 公開 [ヴィーナス11月03日号]



雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

本誌女性記者オメオメ子が今月もハメまくり!「破廉恥ムクムクSEX日記」

※月※日(日)
この日、連日残業からの休日出勤に私は参っていた。彼氏のTさんが家に来ていたものの、体位の研究に没頭しすぎて疲れさせてしまった。悶々とした気持ちを晴らすべく、大学時代のサークル仲間たちのプチ同窓会に参加。私の目的は、当時お気に入りだった後輩のF君(24)。用事で都内に来たのだとか。当時と変わらない肌ツヤで、見た目は爽やか系バンドマンといった感じ。なんとか彼の近くに居座り、距離を縮める。

2軒目は各々小さなグループに分かれたが、私としては、ここからが勝負だった。
伏線は1軒目から張っていた。性の話を振り、F君の口から「僕は胸を持ち上げながらの騎乗位が好きなんすよ!」と言わせることに成功。話している間にセックスを想像させる古典的作戦である。

日曜の夜。あまり開いていない店を探し、別に食べたくもない揚げ物を食べ、記憶を飛ばさない程度に飲んだ。幸運なことに、F君が体を密着させてきて、かつ恋愛話をどんどんしてきて「イケる感」を出してきた。

ここから私の家まで近かったので、強制タクシーIN。そもそもF君は特に宿を取っていないらしく、それってもう、合意の上?
部屋に入って、なんとなく2人横に並んでベッドに寝転んだ。このとき、私を襲ったのは連日勤労による強烈な疲れと眠気……。

いやいや、“据え膳喰わぬは「女」の恥”と、なんとか自分を奮い立たせて、F君のほうを向き、じゃれあいを装って乳首をいじり始め……気づいたら朝だった。いろいろ確認したが、本当に何もせず私は寝落ちしていたようだった。情けなすぎる!!!!
乳首の勃起率から換算すると、おそらくチ○コも若々しかっただろうに……ハァ。

※月※日(土)
先月、2年ぶりに連絡してきた広告マンのK君(27)。友達と浅草のサンバカーニバルを見に行った高揚感から、こちらからK君を誘ってみた。
サーフィンにハマっている彼は朝5時から海にいるらしく、夜なら都内で合流できるとのこと。指定された時間は夜12時……これも合意の上だろう……。

もう、彼氏のTさんと浮気相手候補・2本のチ○コに心が引き裂かれそう……なんて乙女心はない。とにかくチャンスは逃すまい。
さて、夜の新宿伊勢丹前。久々に会ったK君は、やっぱりイケメンであった。ガッシリしつつも身長は低めなので、友達いわく「短いけど、太いチ○コ」の持ち主体型。今夜こそ本物を見せてもらおうじゃないか!

1軒目、適当なバーに入る。「2年前はご迷惑をおかけしました……」と泥酔ワンナイトセックスを詫びると、K君は「楽しかったから、いいよ!」と言う。楽しかった……って。セックスチャンスが、どんどん現実味を帯びてきた。近況報告をしあいながら、ひと盛り上がりしたところで、カラオケへ。

さすが大手広告代理店社員。ほぼラブホテルみたいな、いわゆる高級カラオケ店に入ったのだが、誤算だった。カラオケ館よりふわふわのソファで、K君は寝落ちしかけ。なんせ早朝からサーフィン……。
とはいえ、歌っている間は私の膝枕でウトウトしながら、足を愛撫されるなど接触はあった。あった……のに、4曲目くらいでK君は熟睡。またノーセックスで終了。睡眠と性欲の仁義なき戦いである。

このイライラは、翌日のTさんへの強制セックスで晴らすことにしよう……。



雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

 この秋、2人の人妻女優が意外な役を演じ、仰天の濡れ場に挑む――。1人目は、4月にお笑い芸人の渡部建と結婚した新妻の佐々木希(29)だ。「佐々木は、動画配信サービスhuluで9月16日から独占配信中…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号