恋華大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」卑劣な金稼ぎを企んだ鬼運転手 交際女性を同僚が1万円昏睡姦

2015年07月13日 20時00分 公開 [週刊大衆7月20日号]



吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

事件調書

被害者  バツイチの事務員女性
犯行現場 手引き犯の自宅
犯行手口 昏睡させて
手引き犯 39歳のトラック運転手

「眠っていれば、バレないと思って……」
検察官は、法廷でこう言い訳する被告を睨みつけて一喝した。
「女性の人格を無視して性行為をさせるなんて、許されるはずがない!」
裁判官の異例とも言える大きな声が法廷に響き渡る。
なんと、被告の男は交際中の彼女の"昏睡レイプ権"を、同僚たちに1回1万円で売っていたのだ。

トラック運転手の黒崎太蔵(39)の悩みは、ここ数年、会社の業績が徐々に悪化していることだった。5年以上もボーナスが支給されていないだけでなく、この3年で給料も段階的に削減され、年収は往時の60%に届かなくなっていたのだ。
そのため、黒崎の妻(37)は専業主婦でいることをあきらめ、不動産業者にパート勤めに出ることになったのだが、営業職としてメキメキと頭角を現すと、1年経たずに正社員に昇格。収入も、黒崎をかなり上回るようになった。

しかし、妻の帰宅は次第に遅くなり、やがて、朝帰りも増えていった。さらに、黒崎とのセックスも拒否するようになったのだ。
「おまえ、もしかして浮気してるんじゃないか?」
黒崎が問いただすと、妻は居直った。
「浮気じゃなくて、本気なの。私たち離婚しましょ」
こうして黒崎はバツイチになった。

心の隙間を埋めるべく利用するようになった婚活サイトで、黒崎は、同じくバツイチで子無しの事務員・日高理奈さん(34)と距離を縮めていった。日高さんは、きれいな顔立ちの中に幼さを残しつつ、さらに凛とした目元が特徴の女性で、黒崎は一目惚れだった。
酒が好きな2人は、居酒屋デートを重ねた。そしてある夜、店を出るとどっちからというわけでもなく、ディープキスに及んだ。
"我慢できない……"
黒崎が理奈さんの耳元で囁くと、彼女も頷く。2人は腕を組んでタクシーに乗り込むと、黒崎の部屋に向かった。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」卑劣な金稼ぎを企んだ鬼運転手 交際女性を同僚が1万円昏睡姦



吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

一昔前、アイドルといえば手の届かない存在だったのですが、最近の女の子にとって、アイドルは見るものより、なるものなんだそうです。 今回、登場する女性もそんな元アイドルの奥様でした。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号