恋華大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

恋華大衆 TOP 桃色コラム

水着モデル撮影会で「ヒミツの××」横行中!

2015年03月18日 20時00分 公開 [週刊大衆03月23日号]



モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

モデルとカメラマンが恋に落ちる――だけならよくある話だが、会ったその日に、そこまでヤッちゃうんですか!?

2月25日、大阪で起きたある逮捕劇が話題になったことを、ご存じだろうか。

大阪府警少年課が逮捕したのは、AV女優の五熊真名美容疑者。彼女は、森野琴梨などの芸名で300本以上の作品に出演する有名AV女優なのだ。
その容疑は、47歳の男に16歳の女子高生を引き合わせて、わいせつな行為をさせたという児童福社法違反と児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いだ。

全国紙記者が解説する。
「男性客から代金2万5000円を受け取り、少女と折半。五熊容疑者はモデル募集サイトで知り合った女性たちを〈撮影モデル〉と称して男性客に約150回紹介。仲介料100万円を得ていました」

さらに、この記者は、
「実は、"モデル撮影会"という名目で催されるイベントには、怪しいものも」
と顔をしかめ、声を潜めてこう続ける。

「実際に、"いかがわしい行為を行っている可能性がある"と、当局はモデル撮影会という名称に過敏になり、立ち入り調査を繰り返しているんです。そのうち、新たな逮捕者が出ると思いますよ」

警察がマークしているというモデル撮影会。何度も参加した写真愛好家は「内容はピンキリ」と語る。

「衣装も洋服、水着、下着といろいろ。本来、金魚だの街並みだの撮ってもつまらない、というカメラマンが人物を撮れる場でした」
カメラマン数人に女性モデル1~2人を屋外で撮るというパターンが一般的だったが、最近は室内でモデルと1対1、という撮影会も人気だという。

「モデルもプロからアルバイトまでいろいろですが、全体として顔と体のレベルはかなり高い。先日、3回目の参加だという女子大生を撮りましたが、妙に目が潤んで顔も上気していて"ああ、興奮してるんだろうな"とか想像しましたね。これもマンツーマン撮影会の楽しみです」(同)

この話を聞いて、本誌記者はモデル撮影会への潜入取材を即決した!
選んだのは、都内の「水着モデルを1対1で撮影できる」スタジオ。完全予約制で、サイト上の写真でモデルや水着の種類を選べる。記者は、ロングヘアで山の手お嬢様ふうの23歳のSさんをチョイス。
「こんな若くてカワイイ子と……水着姿で2人きりの写真撮影!」
と思うだけで早くも鼻息が荒くなり、さっそく出撃。

山手線某駅に近いマンションの一室にあるスタジオを訪れると、中年の店長から、丁寧な口調ながらも「撮影上の注意」が。
(1)卑猥なポーズはNG
(2)局部などの接写はNG
(3)モデルにセクハラ的な言葉や紳士的でない言葉をかけるのはNG
なんと……M字開脚した股間の寸前5センチまでレンズを近づけ、「どう? どんな感じ?」と聞いてみたかったが……仕方ない。

料金は入会金が3000円で、撮影代が1時間9000円。店長の説明が終わると「はじめまして~」と、モデルのSさんが記者のセレクトした水色の水着で登場。確かに写真の当人で、カワイイ!

ソファや鏡の前で写真を撮りながら話しかける。
「お客さんは、40代、50代のカメラ好きな中年の男性が多いです」(Sさん)
記者が「セクシーな写真を撮りたいんだけど」とお願いすると、「うふっ」と笑って、ソファに片足を立てて髪をかき上げる仕草をする。ファインダーの中で視線が合う。撮影中、こちらが最もピクンとなったのは、ここだった。

次ページ >> 水着モデル撮影会で「ヒミツの××」横行中!



モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

幼少の頃から、澁澤龍彦先生や団鬼六先生の本を読んで、性の奥深さに魅せられていました。 初体験は14歳の時なのですが、至って普通の性交で、特に感じることもなかったんです。 20歳を過ぎた頃に、精力の強…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号