恋華大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」立ち飲み屋常連の熟年3人が美人専門学校生を集団拉致凌辱

2014年10月20日 14時00分 公開 [週刊大衆10月27日号]



雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

事件調書

被害者  20歳の専門学校生
犯行現場 ライトバンの車内
犯行手口 焼酎を浣腸して昏睡させる
レイプ犯 安居酒屋常連の3人組

同じ立ち飲み屋に通ううちに3人の常連客は、仲良くなっていった。
3人組の最年長の近藤勝男(67)は、年金で細々と暮らしており、痛風の持病があった。
高瀬忠則(63)は自転車駐輪場の整理員として生計を立てていて、最年少である砂田圭一(61)は食品加工工場でアルバイトをしていた。
3人に共通しているのは離婚経験者という点だった。

子どもとも長らく会っておらず、いずれ来るであろう孤独死を待つ身である。
そんな面々での会話は、猥談が中心だった。

「死ぬまでに一度でいいから、素人の若い女とセックスがしてえな」
と、嘆く高瀬に最年長の近藤が声を潜めて囁いた。
「オレは傷害事件でムショに入ったことがある。ムショの同房にレイプ犯がいたんだ。そいつから強姦の内容を聞かされたんだけど、レイプには独特の達成感があるらしい」
最年少の砂田も同調するように応じた。
「オレも一度でいいから、レイプをしてみたい」3人組は立ち飲み屋でレイプの話で盛り上がり、やがて役割を分担して若い女性を拉致する"謀議"を始めた。
とはいえ、あくまでも空想だった。

やがて最年長の近藤が酔った勢いでチューハイのジョッキをドンとテーブルに叩きつけ、2人の男にこう詰め寄った。
「本当にやるのか、やらねえのか。どっちだ?はっきりしようぜ。たった一度の人生だろ」

ふと3人組は店の客たちを見渡した。
"俺たちはこんな安酒場で飲んでいる連中とは違う。こいつらの知らない世界を味わってみたい"
獣は野に放たれた――。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」立ち飲み屋常連の熟年3人が美人専門学校生を集団拉致凌辱



雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

「元旦那へのあてつけで、AVに出ようと思いました」 こう話すのは3か月ほど前に離婚した、いくみさん(26歳)。身長154cmの小柄なスレンダー系。清楚な雰囲気の漂う美女だ。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号