恋華大衆 TOP 桃色コラム

旅先で、出張で…関東VS関西フーゾク味比べ

2014年09月18日 12時30分 公開





関東と関西のフーゾクの違いについて簡単に比べてみよう。

まず関東は、日本を代表するソープ街・吉原を筆頭に、川崎堀之内、南町、千葉栄町、埼玉大宮、横浜のソープや風俗街。
また、池袋、歌舞伎町、渋谷、上野などの歓楽街のピンク店や、うぐいす谷のデリヘル地帯。巣鴨、大塚、五反田などのピンサロ街など、バラエティ豊富だ。

対して関西も、神戸福原、滋賀雄琴の関西を代表するソープ街をはじめ、大阪、兵庫、神戸などピンク街がある。

規模でいうと、地域人口を反映してか、関東に軍配が上がる。しかしながら、関東にないものでは、大阪の飛田新地など古き良き趣が楽しめる場所が存在する。
関東にも10年ほど前までは、黄金町や町田(田んぼ)、川崎などにちょんの間が存在したが、摘発で消滅してしまった。

働く女性の面でいうと、関西は九州や四国、広島地方などの関西以西出身者も多く、対して関東は関東広域に加え、全国から上京している全国区という感じだ。

東京にAVプロダクションが集中していることもあって、関東ではAV嬢との兼業や元AV嬢などが非常に多く在籍しているのも特徴。そのため、AV嬢専門店も盛況である。

また、女性の気質も微妙に異なるという。
「関西の風俗嬢は、気さくで話好きなコが多いわね。ナニごとにも、けっこうサバけてる感じかな」(関西出身某フードル)

出張なり旅行なり、旅先のフーゾク遊びで、その違いを体感してみるのも楽しいだろう。





多かれ少なかれ、男性の永遠の悩みともいえるかもしれない。それは、アレの大きさ。 キングスカレッジロンドンのデビット・ヴィール博士の研究チームは、17~91歳までの男性を対象にヨーロッパ、アフリカ、…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 恋華大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号